footer
Organic express 天然素材の寝具 自遊人 温泉倶楽部 雑誌「自遊人」 会社概要
おかげさまで創業23周年 自遊人
自遊人温泉倶楽部は、温泉を愛する利用者と、いいお湯を守り続ける入浴施設とが作り上げる総合温泉情報サイトです。
温泉倶楽部 > 滝見屋

男女別露天風呂
▲男女別露天風呂

温泉パスポートご利用時の注意

・土日祝利用/半額で可(250円)
・冬期休業のため営業は11月上旬まで
・気象状況などによりやむなく休業する場合あり。要確認
・不定期で清掃による利用不可時間あり
・気候などにより利用時間が予期なく変更される場合あり
・男女別露天風呂のみ利用可能
・個室休憩は別料金(要予約)/1,500円
・混雑時は、宿泊客・一般の日帰り入浴客が優先される場合あり



現在登録されている情報はありません。


館内
▲館内
外観
▲外観

■源泉名 大平1号源泉
自家源泉
■泉質 カルシウム-硫酸塩泉
■成分総計 1,164(mg/kg)
■湧出状態 自然湧出
■源泉名 大平2号源泉
自家源泉
■泉質 含硫黄-カルシウム-硫酸塩温泉
■成分総計 1,191(mg/kg)
■湧出状態 自然湧出

■浴場名/男女別露天風呂  ■使用状態/完全放流式  ■使用源泉/大平1号源泉
加水:なし/加温:なし/消毒剤の使用:なし
■浴場名/男女別内湯  ■使用状態/完全放流式  ■使用源泉/大平2号源泉
加水:なし/加温:なし/消毒剤の使用:なし
■浴場名/貸切露天風呂  ■使用状態/完全放流式  ■使用源泉/大平1号源泉
加水:なし/加温:なし/消毒剤の使用:なし
■浴場名/宿泊客専用露天打たせ湯  ■使用状態/完全放流式  ■使用源泉/大平1号源泉
加水:なし/加温:なし/消毒剤の使用:なし

滝見屋(たきみや) [山形県・大平温泉] 分析書あり


住所 山形県米沢市李山12127  
電話番号 0238-38-3360 
施設 和14室(全BTなし)、男女別露天風呂各1、男女別内湯各1、貸切露天風呂1、宿泊客専用露天打たせ湯1、休憩室(個室)、売店 
駐車場 10台(無料) 
最寄りI.C. 東北自動車道 福島飯坂IC  
I.C.からのアクセス 国道13号経由で約40分、山頂付近駐車場から徒歩で約20分  
最寄り駅 JR山形新幹線 米沢駅 
駅からのアクセス タクシーで約50分、山頂付近駐車場から徒歩で約20分

宿泊者のみ駅から送迎あり(要予約) 
公式サイト 滝見屋
地図 Googleマップ
日帰り料金 500円 
日帰り営業時間 10:00から16:00(16:00までに退館)
※天候などにより予期なく変更される場合あり

冬期休業のため、営業は4月下旬〜11月上旬まで 
宿泊料金 1泊2食/11,500円から(休前日は1,000円増)
イン14:00/アウト10:00 

米沢市街地より、秘湯ムード満点の山間部を抜け約45分。山の頂上付近に車を置き、今度は最上川源流沿い谷に向かって一気に坂をかけるようにトレッキングをしていただくこと15分〜20分。吊り橋を渡ると、ようやく周りの自然を独り占めするかのように建つ滝見屋にたどり着きます。

「こんな不便なところになぜ、旅館が建っているのか」とよくお客様から尋ねられますが、良質な温泉に建物を合わせたら、こんなに山奥になってしまいました(笑)。

冬は雪のため営業できず、4月下旬〜11月上旬の限定営業の当館。自家源泉は毎分600ℓと豊富で、昔から胃腸の名湯として有名です。色は無色透明ですが、湯あたり(湯の柔らかさ)が良く、女性にも嬉しい化粧水いらずの温泉です。内湯からは名勝、火焔の滝が望めます。


現在登録されている情報はありません。


急勾配、急カーブの山道、雨の日、混雑日は覚悟を
2012年08月25日入湯:さすらいのワンダラーさん

▲露天からは見えないという火焔の滝
▲渓流の上に建つ抜群のロケーション
▲混浴露天

2012/8/25
東北遠征第5日、2番目は22湯目になる大平温泉「滝見屋」さんで、ここは3回目の訪問。湯ノ沢間欠泉からは県道4号を玉庭でR121、米沢市内は混むので白布高湯方面に迂回して入ると60.7キロ。
午後は夕立が降りそうで、安全な午前中を狙う、この道は雨は危険。狭隘路で1台とすれ違うがクワバラクワバラ。
下り13分(登りは20分)の坂の先が滝見屋さんで、土曜日なのに先客なし。露天からは見えないという火焔の滝を拝見させていただく。
お湯はあっさりしているが、ロケーションは抜群で、苦労して通う価値あり。帰りは車両交換なしで通過。

2007/6/11
滑川温泉から県道232米沢街道で大平温泉へも出られるが、以前に懲りたので、今日はR13に戻り、米沢市内手前(左コスモGSの次の信号)で左折。混んだ市街を避け、天元台、白布方向のサインに従い進むと県道2号と交差、猪苗代方向に左折直後、左に大平温泉の看板で分岐へ。あとは道なりだが最後の7キロが難関。急勾配、ヘアピンカーブで尾根に登るが幅が狭い。幸い急勾配部分は舗装されているが、雨で濡れたら怖い、昨日止めたのは正解。FFの二駆であえぎながらで登る。めったに使わないLレンジも使う。
尾根に上がるとダートで幅もやや広く、交換も可能。やがて駐車場だが、P1から下りで5台分くらいづつ4ヵ所位Pあって先が進入禁止。混雑度不明時は早めに停めて歩いた方が正解か(満車でバックで戻るのもつらい)。滑川から46キロ。歩きはP1から下り10分強。
このように温泉に浸かるまでが苦行。つり橋を渡って玄関で受付け、勇んで外の野天風呂へ。手前が男性、中が女性、(奥の混浴露天は宿泊客貸切用)。川沿いで、見上げると絶壁、ロケーションはよい。透明なお湯が湯船中央からコンコンと湧き出している。
個人的な感想は、苦労して来たのに何かもの足りない。白濁、硫黄臭が好きなせいか? 滑川温泉の印象が良すぎたせいかな?
帰路は15分歩いて登り、狭隘路では3台もすれ違う。1回はカーブで苦手のバック、この道は混みそうな日も避けた方が無難。
尚、パスポートには「福島飯坂ICからR13経由40分」とあるが、90分は覚悟を(おんせん倶楽部HPでは米沢駅からでも50分なのだから間違いか)。

書き込み日:2012年09月04日

火焔の滝を望む宿だから『滝見屋』。露天風呂から滝は見えないが、内湯から正面に滝を見ることができる。なお内湯は別源泉だが、成分はほとんど同じ。飲泉すると胃腸病に著効があると、昔から言われてきた。
(自遊人2006年9月号より転載)

footer




掛け布団&毛布
ベッドパッド
ベッドパッド

いい湯ですね
【大滝乃湯】まさ65
いつ来てもいい湯ですね。 今日は青春18きっぷで一人旅。 各駅停車でのんびりできました。
鷹の湯温泉
【鷹の湯温泉】宮城SHO
日本秘湯を守る会の温泉は、素晴らしいですね。ゆっくり泊まりたいです。
かんの温泉
【七福の湯 かんの温泉】宮城SHO
二度目の訪問で入浴できました。あたらしくなってました。
1位 ゆでがえる 104湯
1位 さすらいのワンダラー 104湯
1位 TO 104湯
1位 宮城SHO 104湯
1位 たんぽぽの種 104湯
2位 ひー 87湯
3位 風呂ダー 63湯
4位 ノラ馬 57湯
5位 ラチ子 55湯
1位 さすらいのワンダラー 218件
2位 ゆでがえる 199件
3位 宮城SHO 186件
4位 「ねねやん」 177件
5位 呉服江則重 134件
footer