footer
Organic express 天然素材の寝具 自遊人 温泉倶楽部 雑誌「自遊人」 会社概要
おかげさまで創業23周年 自遊人
自遊人温泉倶楽部は、温泉を愛する利用者と、いいお湯を守り続ける入浴施設とが作り上げる総合温泉情報サイトです。
温泉倶楽部 > オーロラファームヴィレッジ

混浴露天風呂
▲混浴露天風呂

温泉パスポートご利用時の注意

・土日祝利用/半額で可(250円)
・定休日あり/第1・第3・第5火曜
・個室休憩は別料金(要予約)/2,100円〜3,150円



現在登録されている情報はありません。


女性専用内湯
▲女性専用内湯
女性専用露天風呂
▲女性専用露天風呂
男性専用露天風呂
▲男性専用露天風呂

■源泉名 オーロラ温泉
自家源泉
■泉質 アルカリ性単純温泉
■成分総計 260(mg/kg)
■湧出状態 掘削自噴

■浴場名/すべての浴槽  ■使用状態/完全放流式  ■使用源泉/オーロラ温泉
加水:なし/加温:なし/消毒剤の使用:なし

オーロラファームヴィレッジ(おーろらふぁーむびれっじ) [北海道・オーロラ温泉] 分析書あり


住所 北海道川上郡標茶町字栄219-1  
電話番号 015-488-4588 
施設 コテージタイプ5棟(全T付)、ミニログバンガロー5棟(全Tなし)、男女別大浴場各1、男性専用露天風呂2、女性専用露天風呂1、混浴露天風呂1、食堂 
駐車場 20台以上(無料) 
最寄りI.C. 道東自動車道  
I.C.からのアクセス 釧路市から国道391号経由で約1時間  
最寄り駅 JR釧綱本線 標茶駅 
駅からのアクセス タクシーで約15分 
公式サイト オーロラファームヴィレッジ
地図 Googleマップ
日帰り料金 500円 
日帰り営業時間 10:00から20:00受付まで
第1・第3・第5火曜休 
宿泊料金 1泊2食/5,950円から7,150円(休前日同料金)
イン13:00/アウト12:00 

北海道・道東のど真ん中!
敷地30万坪の民間自然体験村です。

森と川と酪農郷に囲まれた大自然の中で、の〜んびりと温泉入浴。
同時に森林浴をお楽しみください。

手作りの村で、入浴・宿泊・キャンプ。
ペットもok!(ペット宿泊可は2棟)
ペット専用風呂もあり、無料です(予約時に頭数を教えてください!)

毎年、湯舟改装中です。ご期待ください。


現在登録されている情報はありません。


客一人当たり面積日本一の温泉宿。美人の奥様に逢えたらラッキー
2013年08月31日入湯:さすらいのワンダラーさん

▲イチオシは混浴半露天ですが、男子露天も開放感たっぷり。
▲前日に注文すれば、囲炉端でお任せ豪華炭火焼が可能です。
▲ブランコの丘ではエゾムラサキが満開。頂上からは摩周岳のパノラマが。

2015/5/5
昨年は、事情があって来られませんでしたので、久々のオーロラF.V.訪問です。5/2朝4時前に練馬から関越自動車道に乗って、新潟港10:30発のフェリーで5/3早朝に小樽港に上陸。
念願だった静内のさくら祭りは八分咲きだが牧場の緑に映えて見事。
5/4は帯広競馬場のばんえい競馬を初見物。
そして本日午前中は釧路動物園でシロクマのミルクちゃん他を観て、標茶へ。
オーロラF.Vでは、美人のオーナーと管理人さんに歓迎されて、イベントの搗き立てモチをお相伴させていただき、腹ごなしにブランコの丘に登る。満開のエゾムラサキに迎えられ、一汗かいて、混浴露天に直行。貸切状態を堪能して癒されました。
夕食の炉辺BBQでは、カニや巨大ホタテも出て、大満足の一日でした。値上がりしたとは言っても、夕食とキャンプで4,300円は、納得です。
寝風呂も朝風呂も混浴露天三昧で、西に向かいました。帰路は松前城の八重桜、下風呂温泉、恐山温泉、水沢温泉、蔵王温泉などを楽しんで5/11に東京に帰りました。

2013/8/31
パスポートはないですが今年も魅かれて来ました。仕事を終わって家内と深夜の関越道310kmを新潟港へ。フェリーで1日寝て、早朝に小樽港に上陸。500km近く走りオーロラファームV.の混浴露天に直行し、至福のひとときを過ごしました。ぬめりがあるモール泉でまったりです。今年は入口の脱衣室が改築されました。母屋もトタン屋根が二重張になり、きれいになっています。

美人の社長さん、親切な管理人さんに歓迎され、風呂上りは囲炉裏端で豪華な炭火焼(@2,300円)に舌鼓。今年は磯海苔の味噌汁が美味しくて、おことばに甘えてお代りまでいただいてしまいました。
食後に3組ほど夕食+温泉のお客と囲炉裏端で歓談し、地元情報など教えていただきました。(教わった標茶駅近くの「丈の家」のソバ、豚丼と、多和平展望台のレストラン「グリーンヒル多和平」のしべちゃ牛も美味しかったです。)
8月の土曜日というのに宿泊客はなく、車中キャンプ(@1,000円)で、翌朝には全部貸切の風呂めぐりを堪能させていただきました。ありがとうございます。

2012/9/20
北海道の2日目で第8湯目になるのは、鶴居村温泉から釧路湿原源流の牧場地帯を横切った『オーロラファームヴィレッジ』さんで、5年連続の訪問です。
TAITO前の県道53号を北に、R274との重複区間から標茶方向に274を進むとオーロラFV入口看板で、ダート1.7キロ含めて27キロ30分で到着でした。(こちらはナビ使用は迷うので止めた方がよい。)

母屋の前で奥様が笑顔でお出迎えくださりラッキー、温泉犬チャー坊も元気でした。
(美人の奥様は、噂では元スッチーだそうです。横浜?在住だそうで、お目にかかれないこともあるのが玉にキズです。)

受付を済ませ、混浴露天風呂へ、先客なしで貸切。ここは琥珀色のモール泉でヌメリが最高で、ハマっています。今年は黄葉が遅くてハンノキも夏姿。癒されました。名残を惜しみつつ夕日の丘でお別れを。

2011/9/22
今年もパスポートはないですが、混浴露天でまったり時のたつのを忘れるため訪れました。前夜に台風通過で、摩周湖近辺は大荒れ、ダート道から脱出困難を恐れてオーロラFVには泊まり損ねて、道の駅泊りで、台風一過の摩周湖を眺めたあとの、朝湯になりました。
お湯は大満足でしたが、美人の奥様にお目にかかれなかったのが心残りです。

2010/9/20
今年も訪問 混浴露天でまったり、豪華炭火焼2,300+車中泊1,000円
今年は新日本海フェリーの40周年企画商品「新潟~小樽往復3万円」を利用して道内1週間の旅の途中に再訪。着いて早速に混浴露天を満喫しました。何度入ってもあきの来ないお湯ですし、今日は女性もいて至福のお湯。
さて、「敷地が一万坪」というように広さをうたう温泉宿もありますが、100人も泊まれば一人当たりはわずか100坪。それにひきかえここオーロラFVは30万坪、「一人当たり敷地が一万坪、客が少なければ十万坪」という桁外れなスケールの温泉宿?です。手つかずの原生林もあるので、宿泊客よりも野生のシカが多いかも。LEDのイルミネーション以外は真っ暗です。
翌日が定休で管理人さんが休みで、オーナーの奥様手作りの夕食(旬の本場サンマほか。2,300円に改定とのこと)を囲炉裏でいただき、丁度夕食にいらした近所の会員ご夫婦のお話を伺いました。このご夫婦は酪農経営で、翌日は牧場にご招待いただき、搾りたて牛乳をご馳走になるというおまけもありました。
今年も自遊人パスポートが始まらないので、かわりに道内109の道の駅スタンプラリーで70カ所をまわりつつ、セセキ温泉、相泊温泉、然別峡鹿の湯、熊の湯(羅臼と熊石)にも入ることができて、3,300キロ走破の充実した旅でした。

2009/10/7
昨年はパスポート巡りの最中で忙しくて無理だった念願の泊まりのために再訪、車中泊は1,000円。男女の内湯と露天(写真)が新築されていました。公衆浴場法基準という建物はトイレも付き近代化、露天は写真のような小さいのが2つあります。星がきれいということですが、私は広い混浴露天がまったりとして好きです。すぐ前にハンノキがあるので、風景に奥行きが感じられます。
 夕食はお任せの2,100円コース(写真)でしたが、囲炉裏の炭で焼きながらマイペースで食す厚岸牡蠣やホッキ貝は豪華食卓で、お米も美味しくて4膳もいただいてしまいました。
 おすすめのブランコの展望台(写真)にゴルフカートで案内してもらいましたが、多和平を超える絶景です。
 客が5人だけということもあり、本当の家族サービスで、命の洗濯ができました。翌朝は台風が愛知県に上陸し北海道を窺うという状況で、名残惜しいが朝風呂を済ませて早々と出発し、釧路、広尾、天馬街道経由で、三ッ石蔵の湯に逃げ込みました。台風は直撃をまぬがれたものの、日勝峠や石北峠は積雪で不通、黄金道路は高波で不通、選択が正解でした。今回の旅は、雨竜沼湿原ではクマならぬヒョウに襲われるし、フェリー欠航の危惧もありましたが、オーロラファームは大満足でした。

2008/10/10
野中温泉からR241に戻り、R240阿寒国道を弟子屈へ、R391標茶の街中のR274分岐を右折し8キロ弱、点々と看板があり右折点も迷わない。(阿寒からは、悪天候ならR240まりも国道の中徹別からがよく、道道1093号は険しいそうです)
フラットダートを0.8キロで右折し山道に入り1.7キロで到着。野中温泉から95キロ、90分。
釧路湿原の水源地域にあたり、まさに根釧原野という風情の丘陵地が黄葉でまぶしい。
母屋で受付、風呂は300M先。腹ごしらえでバーベキューを頼むと、一人前にも拘らず七輪に炭をおこしてくださる。
肉を焼きながら、管理人さんらのお話を伺い、写真などを拝見する。ここの原点は隣接したゴルフ場(閉鎖)の姉妹施設だったそうで、会員制リゾートを目指したものを現在のオーナー夫妻が2002年ごろに引き継ぎ、1,100mボーリングして温泉を掘り当てたのが始まりだそうで、追加の会員募集をして、さらに一般客も受け入れ始めたそうです。
商業主義のリゾートに比べれば入会金、年会費(1万円?)の額は1桁安く、首都圏にも多くの会員がいて、1週間くらい泊まり、道東を満喫する例が多いとのこと。釣りの好きな人には、巨大なニジマス、イトウ、サクラマスなどこたえられないようです。
建物は簡素を通り越した感ですが、こたえられない味わいと、フレンドリーな接客があります。
肝心のお風呂は、混浴露天と、男女別内湯、今日は休みだがさらに露天や犬用もある。なんといってもイチオシは混浴露天。目の前のハンノキ、奥の黄葉を前に、琥珀色のお湯のぬるさが堪えられない。1時間いても誰も来ない貸切同然。この風呂にはまってしまい、ついに帰りのフェリーを1日遅らすはめになりました。
風呂帰りも、母屋で、コーヒーやお茶をセルフでいただき、道東の温泉事情などを伺う。
本当は泊まりたいところだが、寒冷前線接近もあり、本日中に峠越えを目指し先を急ぐ。冬場に訪問なさる方にアドバイス。札幌からの峠越えは慎重に。一番安全なのはキロロ~十勝清水間に開通した道東道(トンネル)、次は低くなだらかなR38狩勝峠、状況によってR274日勝峠。自信のない方は天馬街道か、エリモ経由、あるいは釧路空港から。

書き込み日:2015年05月19日

現在登録されている情報はありません。

footer




掛け布団&毛布
ベッドパッド
ベッドパッド

いい湯ですね
【大滝乃湯】まさ65
いつ来てもいい湯ですね。 今日は青春18きっぷで一人旅。 各駅停車でのんびりできました。
鷹の湯温泉
【鷹の湯温泉】宮城SHO
日本秘湯を守る会の温泉は、素晴らしいですね。ゆっくり泊まりたいです。
かんの温泉
【七福の湯 かんの温泉】宮城SHO
二度目の訪問で入浴できました。あたらしくなってました。
1位 ゆでがえる 104湯
1位 さすらいのワンダラー 104湯
1位 TO 104湯
1位 宮城SHO 104湯
1位 たんぽぽの種 104湯
2位 ひー 87湯
3位 風呂ダー 63湯
4位 ノラ馬 57湯
5位 ラチ子 55湯
1位 さすらいのワンダラー 218件
2位 ゆでがえる 199件
3位 宮城SHO 186件
4位 「ねねやん」 177件
5位 呉服江則重 134件
footer