footer
Organic express 天然素材の寝具 自遊人 温泉倶楽部 雑誌「自遊人」 会社概要
おかげさまで創業23周年 自遊人
自遊人温泉倶楽部は、温泉を愛する利用者と、いいお湯を守り続ける入浴施設とが作り上げる総合温泉情報サイトです。



自遊人の温泉パスポートは、雑誌『自遊人』や別冊『温泉図鑑』に、不定期でついている付録です。

冊子状になっている温泉パスポートを本誌から切り離して、掲載されている温泉宿・施設に持っていくと、1冊で1人1回、日帰り入浴が無料(※)で利用できるのです。

『自遊人』ならびに『温泉図鑑』は全国の書店にて発売しております。お近くの書店に無い場合は、ぜひ書店でご注文ください。また、自遊人オーガニック・エクスプレスでも販売していますのでご利用ください。

※第8回温泉パスポートでは、実施要項が変更になる可能性があります。

 このパスポートは各施設の協賛によって成り立っています。では、なんで各施設が協賛してくれているのか? といえば、それは各施設が「温泉は地球からの授かり物。人類みんなの共有財産」という意識を持っているから。もちろん、「自分の施設の名前をもっと知ってもらいたい」「泉質の良さを知ってもらいたい」とは思っているでしょうし、「次回はぜひ宿泊して欲しい」と思うのも当然でしょう。

 たしかに温泉パスポートにはそのような宣伝効果もありますが、それだけではなかなか協賛してくれません。なぜなら、旅館業界では「自遊人のパスポートに協賛したら予想以上の人が来て大変だった」という噂が広がりつつあるのです。「宣伝効果より苦労のほうが多いよ」なんて声も聞こえてきます。なのに、何度も協賛してくれる施設があったりするのです。

 編集部では各施設に感謝すると同時に、読者の皆様はぜひ、様々な温泉の個性をじっくり肌で感じて欲しいと思っています。温泉ファンはもちろん、ひとりでも多くの方が「温泉ってこんなに個性豊かなんだ」「温泉って凄いかも」なんて思っていただければ、施設も編集部も“やったかいがあった”というものです。無料(寸志)の共同浴場が次々と消え、旅館では客室露天風呂が全盛という時代だからこそ、「このパスポートの意義がある」、と編集部も各施設も考えています。

※以前、数軒の施設で根拠のない入浴拒否がありました。読者のみなさまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。今回はより一層、施設との事前対話を密にして同じようなことが起きないようにしていく所存です。

footer




掛け布団&毛布
ベッドパッド
ベッドパッド

旅の帰り湯に丁度いい
【日の出温泉 きのこの里】湯う多狼
妙見からえびのへ紅葉を見に行きましたが、まだ早かったようで色づきが無く、しかた無いので今まで素通り…
いい湯ですね
【大滝乃湯】まさ65
いつ来てもいい湯ですね。 今日は青春18きっぷで一人旅。 各駅停車でのんびりできました。
鷹の湯温泉
【鷹の湯温泉】宮城SHO
日本秘湯を守る会の温泉は、素晴らしいですね。ゆっくり泊まりたいです。
1位 ゆでがえる 104湯
1位 さすらいのワンダラー 104湯
1位 TO 104湯
1位 宮城SHO 104湯
1位 たんぽぽの種 104湯
2位 ひー 87湯
3位 風呂ダー 63湯
4位 ノラ馬 57湯
5位 ラチ子 55湯
1位 さすらいのワンダラー 218件
2位 ゆでがえる 199件
3位 宮城SHO 186件
4位 「ねねやん」 177件
5位 呉服江則重 134件
footer