リニューアル

フードアクションニッポン受賞
目的で選ぶ
new !  オススメ新商品
おいしいお米をセレクト
里山十帖オリジナル
食で養う・食で改善 免疫力 対策
おいしいお米のための道具
常備食材
お手軽・便利な 常備おかず
お米(日本一のお米、勢揃い)
健康生活の要豆・雑穀
伝統製法&本物の調味料
料理の腕が上がるだし
健康・安全にこだわったお茶&水
健康・安心にこだわったジュース
我が家はごはん党
我が家はパン党
我が家は麺党
簡単で美味 おつまみ
安全・安心の製法 米菓・おやつ
備えあれば憂いなし非常食
海外輸入食品
産直市場
天然素材の生活雑貨
一生ものの道具
最近チェックした商品
ありません。
お買い物ガイド
お買い物方法
送料・手数料
お支払い方法
お届けの目安
返品・交換
のしと名入れ
領収書・明細書
個人情報の取扱い
自遊人ポイントシステム
営業のご案内
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

SSLとは?

定休日
カレンダーの色の日はお休みさせて頂いております。お買物はしていただけますが、発送は翌営業日以降となります。
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


homeトップページ →産直市場 →雑誌「自遊人」
収穫のよろこび、食べるよろこび
自遊人の食品セレクトショップ「膳」
店舗情報お問い合せ先
出荷元:自遊人配送センター(新潟)
雑誌『自遊人』2012年11月号「収穫のある暮らし。」
1 特集「収穫のある暮らし。」
2 この人の畑を訪ねました。料理研究家、エッセイストなど
3 細川亜衣さんの野菜料理。素材に寄りそう幸せ
4 リゾートで収穫体験
5 特別付録 食の宝庫、丹波
産地
送料を見る(地域により異なります)
内容・価格(税込) 在庫 選択
   802円
この商品について問い合わせる
欲しいものリストに追加
レビューを見る
商品データを見る
常温日付指定可メール便選択可
【配送上の注意】
雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。
また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。
こちらの料金表
をご確認のうえ、ご注文ください。
※メール便でお届けの場合は、ご依頼主様のお名前が表示されません。ギフトとしてご利用いただく際は宅急便をおすすめいたします。

特集──収穫のある暮らし。


たとえベランダのプランターでも、小さな家庭菜園でも、
自分で育てた野菜を収穫するのは嬉しいもの。
日本人のDNAに刻み込まれた農耕の記憶が甦ります。
しかも野菜の生育方法がわかって、野菜の旬を知って、
自分で食べて美味しい、と一石三鳥。
さらに、日本の食文化も知ることができてと、一石四鳥。
いやいや、有機栽培の難しさや環境問題までわかって、一石五鳥!
皆さんも、嬉しい、楽しい“収穫のある暮らし”、始めませんか?

—この人の畑を訪ねました。—

自家栽培の野菜を宿泊客と一緒に収穫体験。
土地の滋味が味わえる、宿泊施設が仲間入り!
料理研究家
中島デコさん 【千葉県・いすみ市】

野菜はほぼ自給自足。我が家では、「財布を持ってスーパーへ」ではなく、
種を蒔くところから始まります。
エッセイスト
壇太郎さん・壇晴子さん【福岡県・福岡市】

祖母の畑を受け継ぎ
育てる野菜は、季節が巡る喜びを皿の上に運んでくれます。
料理研究家
植松良枝 【東京都・世田谷区】

手軽さが魅力のリゾートの収穫プログラム。
海で、山で、“収穫のよろこび”を味わってみませんか?
リゾートで収穫体験

食卓を囲むのも「仕事」のうち。それが自遊人のスタイルです。
自遊人の食卓。
こちらでレシピ公開中です!

http://www.jiyujin.co.jp/shokutaku/


畑で採れたばかりの野菜を使って、「ご飯にぴったりの野菜料理」を教わりました。
細川亜衣さんに教わる野菜料理
素材に寄りそう幸せ。


椎名誠 「ウー君、ロン君 ニッポン地カレーどか食い旅」
番外編/カレー作り凄絶三軍対決

いまや日本の「三大国民食」の巨大な一角を担う
カレーライスも、各地さまざま。
地カレーの時代、といってもいい。
カレーにはウーロン茶が抜群の相性だった、という
「地カレー、ウーロン茶相思相愛の法則」を発見した
二人のカレー大食い男が全国をアヒアヒ行脚する。

特別付録1 食の宝庫、丹波。
丹波栗、丹波黒大豆、丹波大納言小豆…。

特別付録2 八戸、七つの逍遥。
多彩な魅力を満喫する旅。

Ecological. Creative. Organic. We're designing lifestyles.

安全・安心・本物の食。オーガニックで作られた素材や衣類、生活雑貨。お仕着せではない旅のかたち。
自分のために時間を過ごしたいという、時間的にも精神的にもゆとりのある大人のために。旅や食、住、趣味など、オフタイムの楽しみ方をご提案します。

自遊人は年4回発行の季刊になりました。
3月、6月、9月、12月の26日(26日が日曜・祝日の場合は前日25日)の発売です。

『自遊人』を作るのは、こんな会社・こんなメンバー

自遊人 公式ホームページ
http://www.jiyujin.co.jp/

自遊人バックナンバーの一覧
http://www.jiyujin.co.jp/magazine/

●自遊人編集部は、米どころ・魚沼にあります
自遊人編集部は、2006年に新潟県南魚沼市にお引っ越し。営業担当の一部の社員をのぞき、社員一同で、新潟県南魚沼市に移住・移転しました。
株式自遊人・株式会社膳の会社概要はこちら
http://www.jiyujin.co.jp/company/

●魚沼にある自遊人、だからコシヒカリを作っています。農業生産法人 自遊人ファームも起ち上げました。
自遊人のお米作りの様子をアルバムにしました!


自遊人編集部では米作り、農作業体験イベントも主催

「大人の農作業体験会in山古志」
日本の食糧自給率、現代農業の問題も考えつつ、楽しく農作業体験が出来る、「大人の米作り体験会」です。春の田植え、夏の草取り、秋の稲刈りとイベントを開催。ぜひご参加下さい。
「大人の農作業体験会in山古志」
http://www.jiyujin.co.jp/agri/yamakoshi.php

自遊人編集部員が毎日交代で更新をする、「自遊人ブログ」。

春〜秋は、編集部員が葛藤、奮闘する「自遊田」でのお米作りの様子をご報告。冬から春は、編集部員共通の趣味、バックカントリースキーツアーへの参加の様子や、新潟県南魚沼市、六日町、越後湯沢の積雪情報などを日々更新しています。
自遊人ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/blog_jiyujin

自遊人の人気別冊「温泉図鑑」
http://jiyujin.co.jp/magazine/index.php#Anchor-6296

安全・安心・本物の食。自遊人が運営する食材のショッピングモール。
Organic Express(オーガニック・エクスプレス)
http://jiyujin.co.jp/organic/

自遊人編集長、編集部員が好きで好きで仕方がない、雪山の世界。
バックカントリースキー別冊「SPRAY」
http://jiyujin.co.jp/magazine/index.php#Anchor-48213


雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。こちらの料金表をご確認のうえ、ご注文ください。
お届けの目安 通常 2日〜1週間程度で発送
お支払い方法 ジャパンネット銀行からのお振り込み(先払い),銀行振込(先払い),代金引換,クレジット決済 (郵便振替は不可)
常温日付指定可メール便選択可
雑誌『自遊人』2012年11月号「収穫のある暮らし。」
商品番号:Z-078
 802円(税込) 3ポイント
内容・価格(税込) 在庫 選択
   802円
同梱できます!

自遊人2010年1月号別冊『SPRAY』
詳細を見る

宮垣さんと高見さんの無添加すりおろし にんじんジュース
詳細を見る

小池敏雄さん作 減農薬・有機質肥料100%で育てたコシヒカリ
詳細を見る

自遊人の特別仕込み越後味噌 「田舎味噌」
詳細を見る
もっと見る
この商品を見た人はこんな商品も見ています

自遊人2004年9月号別冊「夢の海外生活」
詳細を見る

自遊人2015年9月号別冊 温泉図鑑「温泉へ!」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2009年9月号「温泉宿大賞」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2012年8月号「一生ものと暮らそう。」
詳細を見る
同じジャンルの商品
産直市場雑誌「自遊人」自遊人・バックナンバー