リニューアル

フードアクションニッポン受賞
目的で選ぶ
夏の贈り物。手土産
new !  オススメ新商品
おいしいお米をセレクト
里山十帖オリジナル
食で養う・食で改善 免疫力 対策
おいしいお米のための道具
常備食材
お手軽・便利な 常備おかず
お米(日本一のお米、勢揃い)
健康生活の要豆・雑穀
伝統製法&本物の調味料
料理の腕が上がるだし
健康・安全にこだわったお茶&水
健康・安心にこだわったジュース
我が家はごはん党
我が家はパン党
我が家は麺党
簡単で美味 おつまみ
安全・安心の製法 米菓・おやつ
備えあれば憂いなし非常食
海外輸入食品
産直市場
天然素材の生活雑貨
一生ものの道具
最近チェックした商品
ありません。
お買い物ガイド
お買い物方法
送料・手数料
お支払い方法
お届けの目安
返品・交換
のしと名入れ
領収書・明細書
個人情報の取扱い
自遊人ポイントシステム
営業のご案内

SSLとは?
定休日
カレンダーの色の日はお休みさせて頂いております。お買物はしていただけますが、発送は翌営業日以降となります。
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


homeトップページ →産直市場 →雑誌「自遊人」
日本人が実は意外と知らない、「すし」の基礎知識。
自遊人の食品セレクトショップ「膳」
店舗情報お問い合せ先
出荷元:自遊人配送センター(新潟)
雑誌『自遊人』2008年7月号「すしのいろは。」
1 そもそも「江戸前」ってどういう意味? 「江戸前ずし」の定義。
2 江戸前ずし「仕事」ファイル
3 進化する江戸前ずし
4 鮨よ、さらば。
5 【別冊付録】主要なタネ全掲載!すしダネ図鑑
産地
送料を見る(地域により異なります)
内容・価格(税込) 在庫 選択
   700円
この商品について問い合わせる
欲しいものリストに追加
レビューを見る
商品データを見る
常温のし・名入れ可日付指定可メール便選択可
【配送上の注意】
雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。
また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。
こちらの料金表
をご確認のうえ、ご注文ください。
※メール便でお届けの場合は、ご依頼主様のお名前が表示されません。ご贈答、プレゼントでご利用いただく場合は宅急便でのご配送をおすすめいたします。

日本人なら知らないと!「すし」のいろは。
「握りずしはいつ生まれたの?」「そもそも江戸前って何のこと?」
日本人でも意外と知らない、すしの本当のところ。ということで、今回は各店のご主人を講師に迎えて、「江戸前ずし」とは何なのかを探ってみました。魚食が 世界に広がるからこその問題も提起。「食べた~い」と写真を眺め、「うーむ」と頭を悩ませながら、どうぞ最後までご覧ください。

そもそも「江戸前」ってどういう意味?「江戸前ずし」の定義。
 日本全国で見かける「江戸前」ののれん。はてさて、その「江戸前」ってどういう意味か、考えたことありますか?
「酒肴をメインにした店は“江戸前のすし屋”ではありません」
──早川光【著作家】×き寿司【東京・人形町】

第一部 江戸前ずし「仕事」ファイル
煮たり締めたり、漬け込んだり。アナゴやコハダ、ヅケの他にもいろいろある江戸前の仕事。その美味しさの技とは?
煮仕事:穴子、蛤、蛸、烏賊、鮑/酢締め:小肌、春子/昆布締め:平目、鱚、細魚/その他の仕事:玉子焼き、鰹、ヅケ、海老、蝦蛄、印籠詰め、おぼろ……
店の格を左右するタネ。仕入れも最重要視。
すし屋になくてはならない「鮪」の話。
対談:元『きよ田』店主・新津武昭 × 『鮨 青木』店主・青木利勝
すしをこよなく愛する二人。徒然なるままに語るマグロへの思い、マグロへのこだわりとは……。

第二部 進化する江戸前ずし
平成に入って急速な進化を感じる“江戸前ずし”の世界。そんな進化と変化の牽引役は、“感じが良くて”“さわやかな”若手主人の店。 「技術や経験が足りないんじゃない?」そんな疑念をお持ちの方。若手だからってなめてはいけません。今、江戸前ずしの世界では技術力も志も高い若手職人が メキメキと頭角を現し、各々の個性を発揮し始めているのです。

第三部 鮨よ、さらば。
海から魚が消え、漁船が浜で朽ち果てる現実。我らが愛する鮨に危機が訪れている。だから、どうしても守りたい、酢めしの上の春夏秋冬。
大間漁港 大間マグロはなぜ急増?/三河湾 コハダを襲う環境破壊。/東京湾 江戸前アナゴに異変アリ?/氷見漁港 不安定さを増す回遊魚の漁獲量。/佐賀関漁港 絶滅の危機!? 漁獲激減、関さば。

別冊付録 主要なタネ全掲載!すしダネ図鑑
マグロにコハダ、タイ、サヨリ、クルマエビ……。
それぞれの素材の旬の季節や主な産地、国内の養殖の現状までを詳しく解説! この図鑑でしっかりお勉強しておけば、すし屋に行くのがもっと楽しみになるはず!

連載
本物の「食」────森枝卓士
〈新連載〉 百年食堂────椎名誠
〈短期集中連載〉 日本酒・新時代〈後編〉~これからの日本酒とは~

定価680円


自遊人のコンセプトは「自分を遊ぶ余暇情報誌」
“読み切れないほどの情報量と斬新な切り口がなければ雑誌を作る意味がない”とい
う創刊時からの理念の下、毎号グルメ情報や旅情報などの特集を組んでいます。
自分のために時間を過ごしたいという、時間的にも精神的にもゆとりのある大人の
ために。旅や食、住、趣味など、オフタイムの楽しみ方をご提案します。


定期購読なら、送料無料でご自宅までお届けします!
雑誌『自遊人』定期購読(1年間・4冊・送料無料)
自遊人は2012年3月号より年4回発行の季刊になりました。
3月、6月、9月、12月の26日(26日が日曜・祝日の場合は前日25日)の発売です。
定期購読のお届けにつきましては、特にご指定が無い場合は、発売中の号からお届けいたします。お届け号の希望がある際は、備考欄にお書き添え下さい(お届け希望は、過去発刊分からでも承ります)。
※定期購読以外のバックナンバーご注文の際は、ご注文ごとに別途送料が必要になります。


『自遊人』を作るのは、こんな会社・こんなメンバー
※ところで、「自由人(じゆうじん)」とよく間違えられますが、正しい雑誌名は
「自遊人(じゆうじん)」です。 「自由」ではなく「自遊」、× 自由人 ○ 自遊人
 です!


自遊人 公式ホームページ
http://www.jiyujin.co.jp/

自遊人バックナンバーの一覧
http://www.jiyujin.co.jp/magazine/


●自遊人編集部は、米どころ・魚沼にあります
自遊人編集部は、2006年に新潟県南魚沼市にお引っ越し。営業担当の一部の社員を
のぞき、社員一同で、新潟県南魚沼市に移住・移転しました。
株式自遊人・株式会社自遊人倶楽部の会社概要はこちら
http://www.jiyujin.co.jp/company/


●魚沼にある自遊人、だからコシヒカリを作ってみたりもしています
「自由人」ならぬ自遊人編集部のお米作りの様子をアルバムにしました!
「自遊田の栽培記録2009」
※自遊田=じゆうでん。自遊人の田んぼ=自遊田。安易です。
http:/picasaweb.google.com/jiyuden2009.1


自遊人編集部では米作り、農作業体験イベントも主催
「山古志の美味しいお米を食べよう! 会」
日本の食糧自給率、現代農業の問題も考えつつ、楽しく農作業体験が出来る、「大人の米作り体験会」です。春の田植え、夏の草取り、秋の稲刈りとイベントを開催。ぜひご参加下さい。
「山古志の美味しいお米を食べよう! 会」
http://www.jiyujin.co.jp/agri/yamakoshi.php


自遊人編集部員が毎日交代で更新をする、「自遊人編集部ブログ」。
春〜秋は、編集部員が葛藤、奮闘する「自遊田」でのお米作りの様子をご報告。冬か
ら春は、編集部員共通の趣味、バックカントリースキーツアーへの参加の様子や、
新潟県南魚沼市、六日町、越後湯沢の積雪情報などを日々更新しています。
自遊人ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/blog_jiyujin


自遊人の人気別冊「温泉図鑑」
http://jiyujin.co.jp/magazine/index.php#Anchor-6296


自由人……じゃなかった(笑)、自遊人と言えば「食」!
自遊人は日本の食に真剣です。真剣すぎて、食品販売事業も行っています。
Organic Express(オーガニック・エクスプレス)
http://jiyujin.co.jp/organic/


自遊人編集長、編集部員が好きで好きで仕方がない、雪山の世界。
バックカントリースキー別冊「SPRAY」
http://jiyujin.co.jp/magazine/index.php#Anchor-48213


めざせ、国際派・自遊人!
自遊人編集部が更新する、英語ブログ。
「At Home in Uonuma」
http://uonumablog.blogspot.com/
お届けの目安 通常 2日〜1週間程度で発送
お支払い方法 ジャパンネット銀行からのお振り込み(先払い),銀行振込(先払い),代金引換,クレジット決済 (郵便振替は不可)
配送上の補足 雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。こちらの料金表をご確認のうえ、ご注文ください。
常温のし・名入れ可日付指定可メール便選択可
雑誌『自遊人』2008年7月号「すしのいろは。」
商品番号:z-052
 700円(税込) 3ポイント
内容・価格(税込) 在庫 選択
   700円
同梱できます!

自遊人2009年12月号別冊「温泉図鑑・転泊のススメ」
詳細を見る

自遊人2015年9月号別冊 温泉図鑑「温泉へ!」
詳細を見る

自遊人の特別仕込み越後味噌 「田舎味噌」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2010年3月号「温泉讃歌。」
詳細を見る
もっと見る
この商品を見た人はこんな商品も見ています

雑誌『自遊人』2001年秋号「露天風呂より“野天”風呂」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2004年7月号「あなたの知らない東京案内」
詳細を見る

雑誌『自遊人』創刊号「にごり湯で “嗚呼、ごくらく”」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2016年11月号「海外先進事例に学ぶ『街づくり』」
詳細を見る
同じジャンルの商品
産直市場雑誌「自遊人」自遊人・バックナンバー