リニューアル

フードアクションニッポン受賞
目的で選ぶ
new !  オススメ新商品
おいしいお米をセレクト
里山十帖オリジナル
食で養う・食で改善 免疫力 対策
おいしいお米のための道具
常備食材
お手軽・便利な 常備おかず
お米(日本一のお米、勢揃い)
健康生活の要豆・雑穀
伝統製法&本物の調味料
料理の腕が上がるだし
健康・安全にこだわったお茶&水
健康・安心にこだわったジュース
我が家はごはん党
我が家はパン党
我が家は麺党
簡単で美味 おつまみ
安全・安心の製法 米菓・おやつ
備えあれば憂いなし非常食
アレルギーの方でも安心 小麦粉不使用 食材
海外輸入食品
産直市場
天然素材の生活雑貨
一生ものの道具
最近チェックした商品
ありません。
お買い物ガイド
お買い物方法
送料・手数料
お支払い方法
お届けの目安
返品・交換
のしと名入れ
領収書・明細書
個人情報の取扱い
自遊人ポイントシステム
営業のご案内

SSLとは?
定休日
カレンダーの色の日はお休みさせて頂いております。お買物はしていただけますが、発送は翌営業日以降となります。
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


homeトップページ →産直市場 →雑誌「自遊人」

絶滅寸前!在来種の蕎麦を守ろう、食べよう!
自遊人の食品セレクトショップ「膳」
店舗情報お問い合せ先
出荷元:自遊人配送センター(新潟)
雑誌『自遊人』2010年9月号「在来種の蕎麦」
1 絶滅寸前。在来種の蕎麦
2 東京・京都・大阪、在来種の蕎麦
3 失われた蕎麦、妙高の「こそば」
4 全国で味わう在来種の蕎麦
5 ごちそうごはん 〜おいしいお米は今から予約!
最新レビュー
満足度 ★★★★★
2011年08月10日 もっと見る
産地
送料を見る(地域により異なります)
内容・価格(税込) 在庫 選択
   700円
この商品について問い合わせる
欲しいものリストに追加
レビューを見る
商品データを見る
常温のし・名入れ可日付指定可メール便選択可
【配送上の注意】
雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。
また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。
こちらの料金表
をご確認のうえ、ご注文ください。
※メール便でお届けの場合は、ご依頼主様のお名前が表示されません。ご贈答、プレゼントでご利用いただく場合は宅急便でのご配送をおすすめいたします。

絶滅寸前。在来種の蕎麦

在来種の蕎麦を食べたことがありますか?
野菜の種が品種改良されているように、蕎麦も改良されています。
育てやすさ・収穫量のために改良されたものは、味も香りも落ちてしまいます。一度知ったらもう戻れない驚愕の味 “ 在来種の蕎麦 ”。そんな在来種を守ろうという動きが出てきています。
在来種を食べること = 守るということ。在来種を食べにいってみませんか?

東京・京都・大阪 在来種の蕎麦 〜守ろう、食べよう!〜

在来種の蕎麦は絶滅寸前の現状。その一方で在来種の蕎麦を打つ店が増えています。
在来種とは何か?なぜ絶滅寸前なのか? 各地の在来種の解説・歴史とともに、各地の在来種と、在来種の蕎麦が食べられる東京・京都・大阪の店をとりあげました。

失われた蕎麦 妙高の「 こそば 」

新潟県の妙高山麓に、地元の人たちが「こそば」とよぶ、小粒の蕎麦がある。すでに失われたと思われていた在来種の蕎麦。かつて妙高山麓では、戸隠にもひけをとらない華やかな蕎麦の食文化があった。失われた食文化の歴史的背景・謎に迫り、伝統を現代に伝える地元のお店を訪ねました。
こそば亭【新潟県 妙高市】

在来種の蕎麦はなぜおいしいのか?

名人と呼ばれる蕎麦職人に使ってる品種を聞くと、「在来種」と答える人が多い。遠い産地に足を運んで、流通に乗らない在来種を調達している。なぜ在来種はそれほどまでに「名人」達をもひきつけるのか?そのわけを農学博士である信州大学の井上先生にわかりやすく解説していただきました。これであなたも名人に並ぶ在来種通。
在来種の蕎麦はなぜ美味しいのですか?— 井上 直人【信州大学農学部 教授】
“在来種”とは何か?ー 林 久喜【筑波大学大学院 准教授】

“ 美味しい “ができるまで 

〜自遊人商品開発物語〜 第三回・国産旬魚のお総菜

自遊人では” 自然・安全の食膳 ”をテーマに様々な商品を開発・販売しています。二人分のサバの味噌煮を作るのはけっこう面倒なもの。だけど市販品には科学調味料、添加物、加工には薬品まで使われることがある。そこで自遊人では、国産の魚で、国産・無添加の調味料、徹底した衛生管理により加工時にも薬品は一切使わない、国産・無添加・低価格のお総菜を実現しました!製造過程からすべて公開。

実録! 新規就農体験記 / 第二回

「日本の食を語るなら、米づくりのことを知らないと」
と、東京 日本橋から、日本一の米どころ・南魚沼に移転してもう6年。自遊人の米づくりもいよいよ6年目になりました。
今年はいよいよ正式に農業生産法人「自遊人ファーム」を起ち上げてしまいました。リアルな農作業の日々、編集部の奮闘ぶりをすべてお見せします!

ごちそうごはん 〜おいしいお米は今から予約!

自遊人にはもう1つの顔があります。それは「お米屋さん」
編集部の隣の低温倉庫には、日本一のお米がずらり揃っています。人気のお米は収穫を待たずして完売。ぜひお早めにご予約ください。
オススメの減農薬・有機栽培のお米をご紹介!

自遊人のコンセプトは「自分を遊ぶ余暇情報誌」

“読み切れないほどの情報量と斬新な切り口がなければ雑誌を作る意味がない”とい
う創刊時からの理念の下、毎号グルメ情報や旅情報などの特集を組んでいます。
自分のために時間を過ごしたいという、時間的にも精神的にもゆとりのある大人の
ために。旅や食、住、趣味など、オフタイムの楽しみ方をご提案します。

定期購読なら、送料無料でご自宅までお届けします!
雑誌『自遊人』定期購読(1年間・4冊・送料無料)
自遊人は2012年3月号より年4回発行の季刊になりました。
3月、6月、9月、12月の26日(26日が日曜・祝日の場合は前日25日)の発売です。
定期購読のお届けにつきましては、特にご指定が無い場合は、発売中の号からお届けいたします。お届け号の希望がある際は、備考欄にお書き添え下さい(お届け希望は、過去発刊分からでも承ります)。
※定期購読以外のバックナンバーご注文の際は、ご注文ごとに別途送料が必要になります。

『自遊人』を作るのは、こんな会社・こんなメンバー

※ところで、「自由人(じゆうじん)」とよく間違えられますが、正しい雑誌名は
「自遊人(じゆうじん)」です。 「自由」ではなく「自遊」、× 自由人 ○ 自遊人
 です!

自遊人 公式ホームページ
http://www.jiyujin.co.jp/

自遊人バックナンバーの一覧
http://www.jiyujin.co.jp/magazine/

●自遊人編集部は、米どころ・魚沼にあります
自遊人編集部は、2006年に新潟県南魚沼市にお引っ越し。営業担当の一部の社員を
のぞき、社員一同で、新潟県南魚沼市に移住・移転しました。
株式自遊人・株式会社自遊人倶楽部の会社概要はこちら
http://www.jiyujin.co.jp/company/

●魚沼にある自遊人、だからコシヒカリを作ってみたりもしています
「自由人」ならぬ自遊人編集部のお米作りの様子をアルバムにしました!
「自遊田の栽培記録2009」
※自遊田=じゆうでん。自遊人の田んぼ=自遊田。安易です。
http:/picasaweb.google.com/jiyuden2009.1

自遊人編集部では米作り、農作業体験イベントも主催

「山古志の美味しいお米を食べよう! 会」
日本の食糧自給率、現代農業の問題も考えつつ、楽しく農作業体験が出来る、「大人の米作り体験会」です。春の田植え、夏の草取り、秋の稲刈りとイベントを開催。ぜひご参加下さい。
「山古志の美味しいお米を食べよう! 会」
http://www.jiyujin.co.jp/agri/yamakoshi.php

自遊人編集部員が毎日交代で更新をする、「自遊人編集部ブログ」。

春〜秋は、編集部員が葛藤、奮闘する「自遊田」でのお米作りの様子をご報告。冬か
ら春は、編集部員共通の趣味、バックカントリースキーツアーへの参加の様子や、
新潟県南魚沼市、六日町、越後湯沢の積雪情報などを日々更新しています。
自遊人ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/blog_jiyujin

自遊人の人気別冊「温泉図鑑」
http://jiyujin.co.jp/magazine/index.php#Anchor-6296

自由人……じゃなかった(笑)、自遊人と言えば「食」!
自遊人は日本の食に真剣です。真剣すぎて、食品販売事業も行っています。
Organic Express(オーガニック・エクスプレス)
http://jiyujin.co.jp/organic/

自遊人編集長、編集部員が好きで好きで仕方がない、雪山の世界。
バックカントリースキー別冊「SPRAY」
http://jiyujin.co.jp/magazine/index.php#Anchor-48213

めざせ、国際派・自遊人!
自遊人編集部が更新する、英語ブログ。
「At Home in Uonuma」
http://uonumablog.blogspot.com/

雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。こちらの料金表をご確認のうえ、ご注文ください。
販売期間 通年   
お届けの目安 通常 2日〜1週間程度で発送
お支払い方法 代金引換,クレジット決済 (郵便振替、ジャパンネット銀行からのお振り込み(先払い)、銀行振込(先払い)は不可)
配送上の補足 雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ただし、厚みの関係上2冊以上を同梱してお送りすることができず、1冊ごとのお届けとなりますのでご了承ください。ポスト投函でのお届けとなります。また、4冊以上ご注文の場合は、お届け地域により宅配便をご指定いただいた方がお得になる場合がございます。こちらの料金表をご確認のうえ、ご注文ください。
常温のし・名入れ可日付指定可メール便選択可
雑誌『自遊人』2010年9月号「在来種の蕎麦」
商品番号:Z-066
 700円(税込) 3ポイント
内容・価格(税込) 在庫 選択
   700円
同梱できます!

PERFECT POTION アウトドアボディスプレー
詳細を見る

雑誌『自遊人』2012年8月号「一生ものと暮らそう。」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2014年2月号「ラグジュアリーの再定義『プライスレス』な宿。」
詳細を見る

自遊人2008年7月号別冊「温泉図鑑・1万円台夢の宿」
詳細を見る
もっと見る
この商品を見た人はこんな商品も見ています

雑誌『自遊人』2003年1月号「酒、大特集」
詳細を見る

自遊人2005年1月号別冊「温泉図鑑・冬号」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2016年2月号「Best Hotels in Japan.」
詳細を見る

雑誌『自遊人』2011年9月号「温泉へ。」
詳細を見る
同じジャンルの商品
産直市場雑誌「自遊人」自遊人・バックナンバー