リニューアル

フードアクションニッポン受賞
目的で選ぶ
父の日2017
new !  オススメ新商品
おいしいお米をセレクト
里山十帖オリジナル
食で養う・食で改善 免疫力 対策
おいしいお米のための道具
常備食材
お手軽・便利な 常備おかず
お米(日本一のお米、勢揃い)
健康生活の要豆・雑穀
伝統製法&本物の調味料
料理の腕が上がるだし
健康・安全にこだわったお茶&水
健康・安心にこだわったジュース
我が家はごはん党
我が家はパン党
我が家は麺党
簡単で美味 おつまみ
安全・安心の製法 米菓・おやつ
備えあれば憂いなし非常食
海外輸入食品
産直市場
天然素材の生活雑貨
一生ものの道具
最近チェックした商品
ありません。
お買い物ガイド
お買い物方法
送料・手数料
お支払い方法
お届けの目安
返品・交換
のしと名入れ
領収書・明細書
個人情報の取扱い
自遊人ポイントシステム
営業のご案内

SSLとは?
定休日
カレンダーの色の日はお休みさせて頂いております。お買物はしていただけますが、発送は翌営業日以降となります。
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



宮城県・仙台市/アルフィオーレ
[平成17年1月15日オープン、平成19年12月移転]

住所:宮城県仙台市太白区向山2-2-1エスパシオ向山1階 アクセス >>> google map
電話:022-263-7835
時間:12:00〜14:00LO、18:00〜21:00LO 要予約
定休:水曜
喫煙:禁煙
化学調味料:使用しておらず、調味料にも含まれていない

イタリアンの真髄とは、その土地が生む旬の食材を誇りを持って料理すること。「それなら、いい食材がなければ自分で作るべきだ」と考えたのが、仙台でレストラン「アルフィオーレ」を営む目黒浩敬シェフ。楽しみながらも真摯に挑戦を続ける、その人の料理とは!?

オーナーシェフ 目黒浩敬
すべての食材で、できるだけ手作りをめざしている。大学時代は教師を志していた。畑見学や料理教室を開催するなど、地域での食育にも尽力。



料理をいただく前に、店から約30分の山あいを訪ねた。
目黒浩敬シェフが通う自家菜園だ。
「これは仙台白菜、こっちは仙台雪菜と芭蕉菜。こぼれ種で増えたものだから味も強いです」

 間を埋めるのは一面の雑草。土を起こさず、農薬はもとより堆肥すらやらない不耕起・無施肥栽培だ。例年5月から12月くらいまで「アルフィオーレ」では、この畑の野菜がメニューを賑わす。山のキノコやクレソン、セリなども大切な食材だ。

 畑の横の生ハム小屋には、プロシェットやパンチェッタ、サラミ、コッパなどが並ぶ。店の庭で広瀬川の川風に当てた後、ここで熟成させているのだ。今年は手製の仙台味噌を使ったハムも作ったという。豚は完全放牧の龍泉洞黒豚を特別に大きく肥育してもらったもので、料理にも使う。また牛肉も、完全放牧している酪農家の10歳牛を、豚同様に一頭買いしている。
「廃牛になる乳牛で、本来はごく安い値で処分されるもの。硬くても、うまみが強いんです」

〝俺の土地の料理〟というものを誇りを持って提供することがイタリアンの真髄と目黒さんは言う。〝仙台のイタリア料理〟を追求する中、土地のいい食材を選び、なければ自分で作るというのは自然な流れだった。
「いいものを食べてもらいたいだけなんです。すると、やりたいことが次々と出てきて」
 野菜やハムばかりか、今ではアンチョビやガルムも手製だ。

*自遊人2010年11月号より転載。データは2009年11月時点のものです。
店は広瀬川を眼下に望む高台に。仙台の繁華街に開いた店を、生ハム作りや農作業の便を考え、3年前、この地に移転した。畑では固定種中心に約200種の野菜を栽培。来年は400種をめざすという。地元産の無農薬野菜や、めずらしい香茸なども使う。創意あふれる料理は、野菜の力強さを感じさせるものばかり。



パスタとメインを選ぶコース3種のほか、
こんな完全おまかせのフルコースも。
その日に揃えた食材を自在に操り、皿数は不定。
数種の前菜とメイン、デザートがつく。

1.アミューズ 自生水菜のコンソメ浸し
全粒粉のグリッシーニ

こぼれ種で増えた水菜をさっと茹で、コンソメに浸してから、自家製ラルドで巻いた。自家製グリッシーニとの相性もいい。

2.仙台野菜のアッラ・グリリア
仙台地大根、仙台雪菜の茎、岩切曲がりねぎを焼いて自家製アンチョビペーストを塗り、雪菜の葉のソースを添えた逸品。

3.仙台白菜と白いんげん豆の
スーパ・バルベッタ

スープでやわらかく煮た白菜に、グリッシーニとチーズを乗せてオーブン焼きした品。

4.香茸のリゾット
香茸ならではの蠱惑的な香りを堪能するリゾット。アクセントに入れたミズの実が、口の中に、さくさくとした歯応えと独特のとろみを生み出す。

5.自家製生ハムの盛り合わせ
左から、猪のプロシェット、豚のコッパ、黒豚のプロシェット、黒豚のクルミ入りモルタデッラソーセージ。

6.山地酪農牛すね肉のボッリート
10歳牛のすね肉をやわらかく煮て、野菜を合わせた皿。野菜はさまざまな食感に仕上げている。

7.ラ・フランスのロースト、
自家製リコッタチーズとグリーンレモンのムース

締めのデザートは、フルーツを使った軽い味わいで。自家製ヴィンコット(ブドウ果汁を煮詰めた天然の甘味料)をソースに。

写真をクリックすると拡大表示します。


さて、その料理の味は?
「アルフィオーレ」には決まったメニューはない。紙1枚に今日の野菜や肉・魚、自家製加工食材などがずらり。客は食べたい食材を選び、調理法を指定する。組み合わせは無限だ。
 新鮮な野菜をふんだんに使った料理は、アイデアに満ちて実に楽しく、美味しい。さっき畑で抜いた雪菜が、アンチョビ風味のグリルになる。ニンジンの葉は、白菜のスープ煮のほどよいアクセント。牛肉と野菜を取り合わせた一品は滋味にあふれ、生ハムの風味はワインを呼ぶ。
「都会の店みたいな高級食材は使いません。この泥臭さに東北を感じてもらえれば……」
 今、目黒さんは山を買う計画も進めている。親子で遊びに来れる農場とワイナリーを作り、土の大切さを伝えたいのだという。その、とどまるところのない挑戦を心から応援したい。

オススメのお酒を教えてください!
100種以上のワインのほとんどがグラスで注文可。8割がビオワイン。おすすめは左からシチリアのフランク・コーネリッセン氏が古代ローマ時代の製法で作る赤「ラモレスカ」8,700円、自然農法のブドウを使った山梨ボーペイサージュの赤「ル・ベント」9,000円、宮城県で醸造するタケダワイナリーの発泡・白「サン・スフル」4,700円。価格はすべてフルボトル。
2年熟成の生ハムは、野性味のあるしっかりとした味。パンチェッタや、スモークしたラルドなども、山の小屋で熟成させる。店内にある熟成室は、秋〜冬はさまざまなジビエで満載になる。目黒さんは、店では料理やパン作りもひとりでこなす。パスタの注文が入れば店の隅の“粉場”に行き、石臼で粉を挽いて打つ。

自遊人編集長も絶賛「アルフィオーレ」の
目黒浩敬シェフ特製パスタソース


1 情熱大陸出演! 「AL FIORE(アルフィオーレ)」の目黒シェフ特製の味
2 1回300g×2種類のパスタソースをお届け。全4回のコースです
3 メニューはシェフのおまかせ。何が届くか、どうぞお楽しみに
4 一つ一つ手作りのため150セット限定販売。早い者勝ちです!
5 8月中旬、11月中旬、2月中旬、5月中旬にお届けします


目黒シェフのお手製 アルフィオーレパスタソース
〜 年4回お届けコース 〜

1瓶・2〜3人分×2種を4回[FK-096] 12,600円

■1回目のお届け 8月中旬お届け予定
2種類のトマトソース
1瓶になんと1㎏分の完熟トマトを使用。吟味された原材料だけを使用して、1つ1つ丁寧に作られたパスタソース2種類をセットでお届けします。ご家庭の具材とあわせて、鍋とフライパンだけで、簡単調理。もちろん、具材を加えずに、ソースと和えるだけのシンプルなパスタでも美味しくお召し上がりいただけます。
■2回目のお届け 11月中旬お届け予定
2種類のソース・2〜3人分
内容は未定です
■3回目のお届け 2月中旬お届け予定
2種類のソース・2〜3人分
内容は未定です
■4回目のお届け 5月中旬お届け予定
2種類のソース・2〜3人分
内容は未定です


お試しキャンペーン 春のパスタソース 2種セット
〜6月中旬お届け予定〜

230g×1、160g×1[FK-101] 4,200円


通常は年4回の季節の味をお楽しみいただくコースのみでご予約を承っている目黒シェフのパスタソースですが、今回は特別お試し企画として、春のパスタソース(2種)のみで、ご注文を承ります。年間コースの注文の前に、まずは一回分、お試しで…というお客様に、ぜひご利用いただきたい商品です。春のメニューは、「山形県産フォゲット、仙台の朝どり筍、木の芽のソース」と「自家製アンチョビと天然田ぜりのソース」の2種。6月中旬頃のお届け予定です。